水道の工事は評判以外にも大切なことがあります

水道の工事は評判以外にも大切なことがあります 近年、水道設備の老朽化に伴う工事が増えています。配管に亀裂が入り水が噴き出すというようなニュースをよく耳にするようになりました。公共インフラの老朽化が問題になっています。それは同時に一般家庭においても同様であることを意味しています。築40年や50年、それ以上の住宅が増えています。住宅内の設備が築年数と同じだけ経過しているものが少なくありません。
そういった理由からも水道 工事が増えています。工事を業者に依頼するにあたって、口コミや評判を参考にする人は多くいます。評判を一つの目安にするのは間違いではありませんが、それだけを基準に業者を選択することには少し問題があります。ライフラインの工事においてはまず安心安全の確保が重要です。水道 工事においても例外ではありません。工事の出来栄え、つまり品質がしっかりしていて保証されていることが大切です。

■水漏れ

水道 工事が必要になるタイミングの一つとして水漏れがあります。水回りにある設備からの水漏れを発見したら、焦らずに水漏れの場所を特定しましょう。水分があって濡れているからといって水漏れであるとは限りません。結露が原因であるかもしれませんので、しっかり確認が必要です。水漏れの箇所が配管のジョイント部であれば大掛かりな工事は必要ありません。ジョイント部が緩んでいるだけであれば締め直せば解決します。またパッキンなどの劣化でそこから漏れているのであればパッキンの交換で済みます。
大掛かりな工事が必要な水漏れは設備そのものからの漏れや配管の経年劣化によるものです。設備の新設、配管の総入替えを行わなくてはなりません。設備の不具合が年数経過によるものであれば、それ以外の設備においても経年劣化の進行がある可能性が高いので一緒に調べてもらいましょう。そして、水道 工事は計画的に進めていくことが重要です。安い買い物ではないので壊れてからではなく、壊れる前に順次取り換えていくことが良い結果につながります。

■環境対策
単純に水道 工事と言っても地域によって変わってきます。それは環境対策です。例えば、寒冷地での凍結対策があります。最低気温が氷点下10度を下回るような環境であれば室内の配管であっても断熱対策が必要です。外気温が氷点下を下回ると、暖房を使用していても場所によっては水道が凍結する温度になる場所があるかもしれません。配管を断熱材で覆うようにしなければなりません。
工事以外に自分たちで対策しないといけないこともあります。例えば、家を長く空ける際は暖房を切ります。その際は家の中とはいえ氷点下になることもありますので、凍結防止のため水を落とさなければなりません。また、朝方の冷え込みが厳しいと予想されれば寝る前に水道の水を落とす作業も必要です。このように水を頻繁に落とさなければならない地域では簡単に水を落とせる設備も必須です。一昔前までは目立たない場所に回して水を落とすノズルが設置されているのが主流でしたが、今ではノズルではなくレバーを上げるだけのタイプやボタン一つで落とせるものがあります。

■工事業者の選定

いざ、水道 工事を決断すれば業者の選定に取り掛かります。よくやりがちなのが口コミのチェックです。インターネットで口コミや評判を調べることは簡単にできます。情報量の多い口コミサイトなどは信ぴょう性が高いでしょうが、どんなものでも鵜呑みにするのは少々問題です。工事業者への評価は工事後すぐがほとんどなので長年かけてでしか分からない品質の評価はあまりされていません。つまり、コスト面での満足度が評価のメインになっています。料金がリーズナブルであることは重要な要素ですが、ライフラインの工事に関しては品質保証の方が大事です。
品質保証の面での業者選定は自治体の指定業者から選ぶことが一つの基準になります。コストだけで指定業者でないところに工事を発注して不具合が起きてからでは取り返しがつきません。安心安全は指定業者を選ぶことで得られます。

■まとめ
現在、水道 工事は公共工事のみならず一般家庭での需要が多くなっています。工事が必要かどうかをしっかり見極め、必要であれば計画的に工事を依頼しましょう。そして、しっかりとした業者を選び、長く安心して設備を使えるようにしましょう。評判の良い安心できる業者を指定業者から選定することが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース